本文へスキップ

東京都中野区南台 内科・胃腸内科・内視鏡内科・外科・肛門外科

内科・胃腸内科・内視鏡内科・外科・肛門外科

TEL 03−6382−5011

〒164-0014 東京都中野区南台2−51−8

グランルージュ中野南台1F 

内視鏡検査について

胃内視鏡検査

  • 胃内視鏡検査では鼻、あるいは口から内視鏡を挿入し、食道、胃および十二指腸を観察して、潰瘍、ポリープ、がん、炎症などの病気の診断を行うことを目的としています。
     白川クリニックでは先進の画像処理技術を搭載した内視鏡システムを導入しており、消化器内視鏡専門医により大学病院レベルの検査を可能としております。
     また検査に伴うリスクなどについても、日本消化器内視鏡学会の統計にもとづいて説明させていただき、安全性に対し最大限の配慮をさせていただきます。
     レントゲン検査とは違い、直接観察しますので、炎症の程度判定や早期がん発見のため病理組織検査を行うことがあります。また病状によりヘリコバクター・ピロリ菌の有無も検査できます。



大腸内視鏡検査

  • 大腸内視鏡では、肛門から直接内視鏡を挿入して、大腸(および小腸の末端)を観察し、ポリープ、がん、炎症などの病気の診断を行います。
     またポリープが見つかった場合、日帰り手術としてその場で切除することができます。
     検査時間は個人差がありますが、約10分程度で終了します。大腸の中を内視鏡が入るため、おなかに張りを感じることがあります。当クリニックでは軽い鎮痛剤を使用して検査を行います。





  • また白川クリニックでは内視鏡用炭酸ガス送気装置を導入しております。内視鏡検査時には空気を入れるため、お腹が張ってしまうことがありますが、空気の代わりに炭酸ガスを使用することでより早く検査時のガスが体に吸収され、検査後のお腹の張りからくる苦痛を軽減します。
     検査中はもちろんのこと、検査後も苦痛の少ない検査を目指しております。